網頁

2011年3月10日星期四

第四章:正確的排卦方式

第四章:正確的排卦方式
正確的陰陽排卦概念:由以上陰陽論點可推知,無論古今錢幣,應以「簡虛為陽面,繁實為陰面」原則來客觀區分陰陽面。正確的陰陽排卦概念如下:
三個陽(正)面, 為「老陽」;記「 ▅▅▅▅▅ O 」變 ▅▅ ▅▅
三個陰(反)面, 為「老陰」;記「 ▅▅ ▅▅ X 」變 ▅▅▅▅▅
一陽(正)二陰(反), 為「少陽」,記「 ▅▅▅▅▅ 」
二陽(正)一陰(反), 為「少陰」,記「 ▅▅ ▅▅ 」

而在排卦過程中,須特別注意以下兩個方面:
1、 排卦之時須由下向上排,第一次搖出的爻排在最下面,依次順序向上排列,這才是正確的排卦方式。初學者很容易習慣性地由上至下排卦,排成錯卦,這點要注意。
2、 確定陰陽後,○代表陽面,●代表陰面,初學者很容易把○●●,錯記成 ▅ ▅(少陰),而把●○○,錯記成 ▅▅▅(少陽),可能直覺上認為那個面較多的緣故,     
但這是缺乏真正了解易理運轉方向與規律的錯誤認識。○●●記 ▅▅▅(少陽),●○○記 ▅ ▅(少陰),才是正確的記爻方式,這概念一定須正確把握。
易理演化規律與排卦方式聯系:以下是正確的易理演化規律與排卦方式的聯系:
以○代表陽面,●代表陰面
何謂陰陽互動、循環不止。以下是其運轉過程
   ○●●(此謂少陽),記 ▅▅▅▅▅
    ○○●(此謂少陰),記 ▅▅ ▅▅
    ○○○(此謂老陽),記 ▅▅▅▅▅ O 變 ▅▅ ▅▅            ●○○
    ●○○(此謂少陰),記 ▅▅ ▅▅
    ●●○(此謂少陽),記 ▅▅▅▅▅
    ●●●(此謂老陰),記 ▅▅ ▅▅ X 變 ▅▅▅▅▅            ○●●
    ○●●(此謂少陽),記 ▅▅▅▅▅
    ○○●(此謂少陰),記 ▅▅ ▅▅
    ○○○(此謂老陽),記 ▅▅▅▅▅ O 變 ▅▅ ▅▅            ●○○
    ●○○(此謂少陰),記 ▅▅ ▅▅
    ●●○(此謂少陽),記 ▅▅▅▅▅
    ●●●(此謂老陰),記 ▅▅ ▅▅ X 變 ▅▅▅▅▅            ○●●
    ○●● 。。。。。。。。。。。
    ○○● 。。。。。。。。。。。
如此陰陽相間轉動而循環不止,這便是《黃金策》首言的:動靜陰陽,反複遷變
盡則有變,變則無窮,「陽盡變陰,陰盡變陽」如下:
○○○(此謂老陽),記 ▅▅▅▅▅ O 變 ▅▅ ▅▅  即老陽變少陰 ●○○ (下一變化)
●●●(此謂老陰),記 ▅▅ ▅▅ X 變 ▅▅▅▅▅  即老陰變少陽 ○●● (下一變化)

古今錢幣具體的排卦標准方式:
★選用古幣起卦的,明代之前銅錢,一般是一面有字一面沒字,有漢字為「字」,無字為「背」。
清朝銅錢一面漢文一面滿文,漢文為「字」,滿文為「背」。六次拋錢,由下至上記錄,排卦格式如下:
 ( )月( )日  →→(注意是北京時間)
  搖錢    記錄            排卦標識
第6次拋  (字 字 字)   (老陰 ▅▅ ▅▅ X ) 變少陽  ▅▅▅▅▅
第5次拋  (字 字 背)   (少陽 ▅▅▅▅▅  )  不變    ▅▅▅▅▅
第4次拋  (字 字 字)   (老陰 ▅▅ ▅▅ X ) 變少陽  ▅▅▅▅▅
第3次拋  (字 背 背)   (少陰 ▅▅ ▅▅  )  不變    ▅▅ ▅▅
第2次拋  (字 字 背)   (少陽 ▅▅▅▅▅  )  不變    ▅▅▅▅▅
第1次拋  (背 背 背)   (老陽 ▅▅▅▅▅ O ) 變少陰  ▅▅ ▅▅
★選用現代硬幣起卦的,錢幣應以「簡虛為陽面,繁實為陰面」原則來客觀區分,明確何為「陽」面,另一面則為「陰」面,不能單憑自己的主觀觀點與喜好來臆定。六次拋錢,由下至上記錄,排卦格式如下:
( )月( )日  →→(注意是北京時間)
  搖錢    記錄            排卦標識
第6次拋  (陰陽陽)   (少陰 ▅▅ ▅▅  )  不變    ▅▅ ▅▅
第5次拋  (陽陽陽)   (老陽 ▅▅▅▅▅ O ) 變少陰  ▅▅ ▅▅
第4次拋  (陰陰陰)   (老陰 ▅▅ ▅▅ X ) 變少陽  ▅▅▅▅▅
第3次拋  (陰陽陽)   (少陰 ▅▅ ▅▅  )  不變    ▅▅ ▅▅
第2次拋  (陰陰陽)   (少陽 ▅▅▅▅▅  )  不變    ▅▅▅▅▅
第1次拋  (陽陽陽)   (老陽 ▅▅▅▅▅ O ) 變少陰  ▅▅ ▅▅

沒有留言:

張貼留言